KNOWLEDGE

やさしい香りに包まれる~ラベンダー グロッソ~

庭のある暮らし〜GARDENS LIFE〜をもっと楽しんでいただくために、
ラベンダー グロッソをご紹介します。

【学名】Lavandula x intermedia 'Grosso'
【属性】シソ科ラバンデュラ属

やさしい香りのお花

地中海地域原産でハーブとして昔から利用されてきたラベンダー。
薄紫色の花が群生する姿は見ごたえ充分です。
ラベンダーと言えばあのやすらぐ香りのイメージが強いですが、「ラベンダーの香り」として利用されるのは、このグロッソという品種が使われている事が多いです。
ちなみに「グロッソ」とは作出した人の名前のようです。

お手入れ次第でより美しく


グロッソは耐寒性が非常に強いため地域を選ばず育てやすいラベンダーです。
多湿を嫌うので排水性のよい土壌に植えてあげましょう。
あまり徒長させると株姿が荒れて見栄えが悪くなるので、花後は丸く刈り込むように剪定します。
そうすることで半球状の美しい葉姿が周年楽しめます。
また、咲き終わって茶色くなったお花はそのままにせず摘み取っていきましょう。
摘み取ることによって余計な栄養を使わずに済み、次のお花が咲きやすくなります。

手づくりアイテムで楽しみましょう

お庭で咲いている姿も魅力的ですが、つぼみの時にカットして、さまざまなクラフトを自分で作り、お家のなかでもたくさん楽しめるのがラベンダーの醍醐味です。


吊るして飾っておくだけで、簡単にドライフラワーの出来上がり。
飾っているだけでお部屋がラベンダーの香りに包まれて、幸せな気分になれます。
神経や筋肉の緊張をほぐす効果があるので、寝室に飾るのがおすすめ。

そして、はずした葉っぱと落ちてしまったラベンダーの蕾を集めてビンに詰めます。
ひたひたにホワイトリカーを入れて、冷暗所で一ヶ月すれば、香りのいいお掃除用チンキの出来上がり。
お水で薄めて毎日のお掃除にシュシュっと使えば、きれいになって良い香りも広がります。


その他、サシェやポプリ、ハーブティーやシロップの香りづけ等お料理などにも。
素敵な香りに包まれながら、さまざまなアレンジで楽しんでみてください。


これは、アロマキャンドルです。ろうそくにラベンダーの香りをつけて、飾りにラベンダーをつけました。

GARDENS GARDENは、四季を感じるお庭作りのお手伝いをしています。
庭は自然がくれた贈り物でいっぱいです。