KNOWLEDGE

四季ごとに変わるシンボルツリー~ヤマボウシ~

庭のある暮らし~GARDENS LIFE~をもっと楽しんでいただくために、
ヤマボウシをご紹介します。

ヤマボウシ
【学名】Cornus kousa
【属性】ミズキ科ミズキ属

常緑ヤマボウシ
【学名】Cornus hongkongensis
【属性】ミズキ科ミズキ属

縁起の良いシンボルツリー


春から初夏の日差しに変わる頃、4枚の白い花びらのような総苞(そうほう)があらわれます。
その様子がまるで、僧侶が頭巾をかぶっているように
見えることから「ヤマボウシ(山法師)」の名がつけられたそう。
僧侶に見立てられることから、縁起のよい庭木とされています。

ちなみに花に見える白い花びらのようなものは苞(ほう)というもの。
苞は花を取り囲んでいる部位で、花はその中にある小さな部分です。

1本立ち樹形でも、株立ち樹形でも、落葉しても綺麗ですので、
シンボルツリーとして植えることができます。


秋になると果実が真っ赤に熟し、
柔らかくほのかに甘い果実は生でも食べられますし、ジャムにしても美味しいです。
ほんのりマンゴー味です。

常緑ヤマボウシ


常緑ヤマボウシはその名前の通り常緑樹のヤマボウシです。
普通のヤマボウシに比べて常緑ヤマボウシは
まだまだ流通の少ない種類ですが、常緑で一年中葉も楽しめ
季節ごとに花・紅葉・果実を堪能できるシンボルツリーとして人気があります。

お手入れはほとんどなし!


寒さに少し弱く、暖かい場所が適しています。
露地の場合は風が当たらず日差しが当たる場所に植え付けましょう。

葉が密集してボリュームのある形になるため、枯れてしまった枝や花が終わった後に
刈り込んで形を整える以外は面倒な手間がかからないのも魅力的。
四季を通じて様々な姿で楽しませてくれます。

比較的手間がかかりませんが、まれにカミキリムシの幼虫などが
発生するので注意が必要です。

GARDENS GARDENは、四季を感じるお庭作りのお手伝いをしています。
庭は自然がくれた贈り物でいっぱいです。