KNOWLEDGE

美しい樹形を活かして~アオダモ~

庭のある暮らし〜GARDENS LIFE〜をもっと楽しんでいただくために、
アオダモをご紹介します。

【学名】Fraxinus lanuginosa
【属性】モクセイ科トネリコ属

さわやかなシンボルツリー

新緑が美しく、風にそよぐ柔らかな樹形が魅力のアオダモ。
春には泡雪のような白くて小さな花を咲かせ、
年月を重ねるごとに灰白色の美しい樹肌に模様が浮かびます。
自然な趣と安らぎ感じさせてくれるその姿は、
シンボルツリーとしても人気の樹木です。

自然な樹形を活かして

乾燥に強く、雨が当たるような場所であれば
水やりの管理も特に必要ありませんが、
極度な乾燥には気を付けましょう。
病気にも強く、害虫の心配もそれほどありません。

枝を剪定したいときは落葉期に行いますが、
生長が緩やかなのでお手入れも楽です。
樹形を整えたいときは、枝が分岐している生え際を間引きします。
もともと自然樹形が美しい樹木なので、切りすぎに注意しましょう。

名前の由来

アオダモは材質が硬いうえに粘りがあるので
野球のバットによく用いられます。
生長がゆっくりですので、バットができるほどの
大きさになるには60~70年かかります。

名前の由来ともなっているのが濡れた時の色。
雨が降った後のアオダモは樹皮が緑青色にみえる
ことからこの名が付けられました。
雨上がり、みんなでお庭に出るのも楽しみになりますね。
また、長時間枝が浸かっていた水は蛍光っぽい青になるそうです。
剪定をした枝で試してみてはいかがでしょうか。

GARDENS GARDENは、四季を感じるお庭作りのお手伝いをしています。
庭は自然がくれた贈り物でいっぱいです。

(1枚目:photo by Takuya Yamauchi)